FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

南国の春の味

南国宮崎より、春の味が届きました。

日向夏。目の覚めるような眩しいレモンイエロー。爽やかで優しく程よい酸味と風味。
20140225日向夏

南国の柑橘はよいですね。
ビタミンたっぷり。元気に過ごせそう。
2014-02-25 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

冬の白と青

荒れた天気からようやく晴れの日がやってきました。

晴れた日の雪の色は白と青のグラデーション。

ふと思い立って、
白磁染付けを飾ってみるとしっくりと馴染んでいました。冬の白と青。
20140222 白磁

そして空も白と青。
20140222 空
2014-02-22 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

図面の中を歩き回る

家のプランづくりは図面の中で歩き回る作業。

帰宅路。その角を曲がると我が家。見上げると部屋の明かりが灯っている。
一息ついて、服や靴に付いた雪を玄関のポーチで払う。

日常の、なんでもないこうした動きから家の形がつくられていきます。

そしてこの導線を意識させないよう、自然とあるように。


北海道札幌市中央区円山の住宅設計
家と庭の設計デザイン
hausgras ハウスグラス
2014-02-11 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

冬をむねとすべし

北海道は極寒の日が続いています。

徒然草 第五十五段 “夏をむねとすべし”
これは高温多湿の本州以南の住まい方だと思います。

北海道の多くの地域では真冬の3ヶ月間は氷点下を下回り、
その前後1ヶ月もしばらく肌寒い気温です。
夏は暑い日もありますが、それは長い日々ではありません。

吉田兼好が北海道で暮らしていれば「冬をむねとすべし」と
語っていたかもしれません。

風土と暮らす、ということが家づくり。


北海道札幌市中央区円山の住宅設計
家と庭の設計デザイン
hausgras ハウスグラス
2014-02-07 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

真冬の部屋の若葉

日差しの長さを感じ始めたのか、
室内にある観葉植物の若葉がどんどんと増えています。
外気-5℃。室内20℃。

エバーフレッシュ(マメ科ネムノキ属)とフランスゴムノキ
20140127室内の若葉-1

20140127室内の若葉-2

20140127室内の若葉-3
若葉は力強く鮮やかに。春の兆しが目に見えてきました。


北海道札幌市中央区円山の住宅設計
家と庭の設計デザイン
hausgras ハウスグラス
2014-01-27 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。