FC2ブログ

珈琲ポット

今から19年程前に、琺瑯製のコーヒーポットを頂きました。
20130713ポット全体
美しい形、そしてとても使い心地がよく、
鶴首状の注ぎ口は、点滴状の落とし湯から細い湯や多い湯までコントロール自由自在。
湯を注ぐという機能がそのまま純粋な形となった『用の美』のポット。
私が珈琲の魅力に惹き付けられたきっかけのポットです。

ロゴには『CAFE DE LAMBLRE』

このポットの、あまりの使い心地の良さに魅了され、
この名をたどり調べているうちに日本屈指の珈琲名店のひとつであることが解りました。
名店と云われる程に、珈琲の味に情熱をかけられる方々の追求はとてつもないものでした。
美味しい珈琲を淹れるための研究、試行錯誤、資金、どれだけの時間がかかったことでしょう。
そして今もなお、その情熱は注がれ続けています。

珈琲だけの店
カフェ・ド・ランブル
〒104-0061 東京都中央区銀座8-10-15


北海道札幌市中央区円山の住宅設計
家と庭の設計デザイン
hausgras ハウスグラス
スポンサーサイト
2013-07-13 : : コメント : 3 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

やっと見つけた(((^^;)

とても素敵なポット♪19年前って??
倉敷時代?近くに珈琲豆のお店あったよね!
ネルドリップで入れてくれたの覚えてる?
美味しかったなぁ☆
2013-07-16 23:39 : URL : 編集
ランブルのポット
ランブルのポット....なつかしい。倉敷駅前にあったカファで教えてもらった、ネルドリップに最適のポットです。カファは、数年前の秋に閉店されたようです。
2013-07-17 00:13 : ハイジ&ペーターのMom URL : 編集
No title
"やっと見つけた"さん
ブログを見つけてもらえて良かった!ありがとう!
珈琲屋さん、覚えているよ。学校前の道の、中庄から倉敷への途中にあり、その名も『珈琲専門店』。ここもランブルさんと同じく珈琲メニューしかないお店。珈琲をブラックで飲めるなんて初めての体験。ほんとに美味しかったよね♪ ポットに続き、珈琲の味も覚醒した19年前(笑)


"ハイジ&ペーターのMom"さん
『カファ』は知らなかったのですが倉敷にも珈琲店が多いですよね。名店『リヒト珈琲』の教えを受けた美観地区の『倉敷珈琲館(閉店)』。同じ師をもつ福岡の『珈琲美美』、東京の『もか』も有名です。今は『リヒト珈琲』の御子息が札幌で珈琲豆を焙煎されています。このお店には札幌に来たときから通っているのですが、御子息の珈琲思想・哲学のお話もとても興味深いものでした。いろんな所で繋がっているのも不思議ですね。
2013-07-17 10:12 : net ak URL : 編集
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR