暖炉の灯り 六花文庫

うすら寒く、冷たい雨が降っています。
暖炉の灯りを求めて六花文庫へと向かいました。
20131210六花文庫-1
夏は緑のツタに、秋は赤く紅葉したツタに囲まれる建物。
雪の降るこれからの季節は暖炉に薪の火が灯ります。

六花文庫は六花亭の文化活動のひとつとして開館されています。
食に関する書籍7800冊を所蔵。絶版となっている貴重な本も。
20131210六花文庫-2
どれも興味深い本が並び、端から順にゆっくりと読んでいきたくなります。

十勝にある、四季の草花を楽しめる六花の森中札内美術村も六花亭の文化施設。
こちらもお勧め。平屋の家づくりの際に時間がとれる限り必ず立ち寄りました。
冬期の現在は閉館中。また春を待ちます。

館のスタッフさんが薪の火を熾してくださいました。
20131210六花文庫-3
着火はお客様から提供された松ぼっくりとのこと。油分が多くよく燃えるそうです。

ここは特等席。揺れる炎を見ながら。
20131210六花文庫-4

六花文庫
所在地:札幌市南区真駒内上町3丁目1-3
電話:011-588-6666
開館時間:10:00~17:00
休館日:日曜日・月曜日・年末年始(2013年12月29日~2014年1月3日)
カフェ:珈琲300円(マルセイキャラメル付き)

札幌 円山の家から
↑ hausgrasのdaily blogでも六花文庫 暖炉の炎の様子をUPしています。

北海道札幌市中央区円山の住宅設計
家と庭の設計デザイン
hausgras ハウスグラス
スポンサーサイト
2013-12-10 : : コメント : 0 : トラックバック : 1 :
師走の和菓子 嘉心 «  ホーム  » リヒト珈琲 インドネシア・レイ
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ケノーベルからリンクのご案内(2013/12/11 08:42)
札幌市南区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
2013-12-11 08:42 : ケノーベル エージェント
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR