FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

飛騨高山 小糸焼/磁器の時代

骨董の器。

飛騨高山 小糸焼/磁器の時代
飛騨高山の骨董の器です。こちらの小糸焼は染付け磁器を焼いていた時代の器。
20130926小糸焼/磁器-1
上方、武家好みの絵柄の繊細な染付けです。

縁取りの一周した筆跡。ダミと呼ばれる紺の濃淡。
細い線で建物や植物、海や船が描かれています。
20130926小糸焼/磁器-4
20130926小糸焼/磁器-3

裏側も。釉薬の焼けた朱色がまた風合いよく、骨董の楽しみのひとつです。
きれいどころの現代の器ではなかなかお目にかかれません。
20130926小糸焼/磁器-2

飛騨高山の焼き物は縄文時代から始まります。
戦国時代が終わり、金森宗和の高山統治から利休の茶道が
宗和流茶道として受け継がれています。
こうして芸術的文化が繋がれていくなかで
飛騨高山でも本格的に窯が開かれるようになりました。

小糸焼の歴史もとても興味深いものです。
現在の小糸焼は磁器の時代とは違うものですが、
当時の焼き物への情熱と同じように現代の焼き物の歴史を作っていらっしゃいます。

もうすぐ秋の高山祭(10月9日〜10日)。
今週から気温が15℃を切るほど冷え込む予報。
この夏は暑かったので紅葉が奇麗だとよいのですが。
骨董店巡りや歴史巡りもお楽しみください。
飛騨高山では串団子が売られています。タレはみたらし、えごま、黒ごま、醤油etc.
醤油が絡んだ串団子は餅米の旨味が引立ち、特にオススメです。

高山市観光情報
スポンサーサイト
2013-09-26 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

輪花『芙蓉手』

『輪花』は花の形を模した縁取りのこと。
桔梗や芙蓉、菊などの花の輪郭を形どっています。

このように自然の美を単純化した美というものは、
人の手で生み出した新しい美へと昇華された形だと思います。

『芙蓉手』 染付芙蓉手鉢 / 江戸時代後期?
20130925芙蓉手-2
染付けの絵は『伏竜鳳雛(ふくりょうほうすう)』の意味合いのようです。

20130925芙蓉手-1

藤澤重夫 作:染付唐花文小皿・本歌取り
20130925芙蓉手 藤澤重夫

藤澤重夫 取扱店
GALLERY掌

染付芙蓉手鉢 購入店
飛騨高山 古美術『ゑま庄』
岐阜県高山市上一之町34
2013-09-25 : : コメント : 0 : トラックバック : 1 :

白磁輪花『口紅』

『口紅』と云われるのは白磁の縁を茶の釉薬のライン。
縁取りを引き締めています。
この口紅があるのとないのではまた魅力が違ってきます。

水野忠俊 作:白磁口紅桔梗鉢
20130925輪花口紅 水野忠俊

輪花口紅小皿/ 伊万里・江戸時代
20130925菊口紅


水野忠俊 取扱店
GALLERY掌

輪花口紅小皿 購入店
飛騨高山 古美術『ゑま庄』
岐阜県高山市上一之町34
2013-09-25 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

古きから現代へつながれる器 水野忠俊

水野忠俊 氏作の器を少しずつ集めています。

古い古伊万里の型を現代へと
新たな息吹をふきこみ蘇らせている陶芸家です。

骨董でも古き良き器との出会いが少なくなって来ている中、
こうして『本歌取り』や『写し』を携われている方に敬意を示します。

白磁口紅皿。 左)桔梗皿 右)木瓜皿 奥)輪花皿
20130921水野忠俊-器1

エッジは凛として。
20130921水野忠俊-器2
完成された美に惹き寄せられてしまいます。


取扱店
GALLERY掌
2013-09-21 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

室内 鉄の手摺の黒サビ

室外のドアノッカーは年数とともに赤サビが出来ました。
ドアノッカーの黒色は、熱いうちにバーナーで
人工的に酸化皮膜を(黒サビ・黒皮/クロカワ)をつくりコーテングされた黒色です。
酸化皮膜でコーティングされていない鉄の色は銀色。
この銀色の状態だと空気中の湿度などで直ぐに赤サビが発生します。
同じ鉄でも状況化により錆具合は変わってきます。

実内の手摺も鉄製です。
ドアノッカーと同じく酸化皮膜によりコーティングされています。
20130916手摺の黒錆-1
2008年建設当初から2年ほどは室内湿度が高かったためか、
溶接部や面取りされた銀色部分に赤サビが発生したので
ドアノッカーと同じように油を塗り込みました。
その後、室内湿度が安定したようで赤サビはほとんど発生せず自然と黒サビになりました。
現在は油を塗布するメンテナンスを行っていません。
20130916手摺の黒錆-2
黒さの濃い部分が黒サビです。
黒サビになるとサビの進行が緩やかになります。


北海道札幌市中央区円山の住宅設計
家と庭の設計デザイン
hausgras ハウスグラス
2013-09-16 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

鉄のドアノッカー メンテナンス

鉄製のドアノッカーが錆びてきました。
20130911ドアノッカーメンテ-1

メンテナンスをします。刃物用の油(合成油、または椿油)を塗るだけ。
20130911ドアノッカーメンテ-2

しばらく放置し(今期は1日間。放置時間は決まっていません)、余分な油を拭き上げます。
20130911ドアノッカーメンテ-3
20130911ドアノッカーメンテ-4
黒い鉄の肌がしっとり。


北海道札幌市中央区円山の住宅設計
家と庭の設計デザイン
hausgras ハウスグラス
2013-09-15 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

北窓の外側に結露

今朝、珍しく北の窓の外側に結露が出来ていました。
20130914北側外の結露-1
北側の窓が冷え、外気は湿度があったのでしょう。

雫と結露の模様(もんよう)。
20130914北側外の結露-2


北海道札幌市中央区円山の住宅設計
家と庭の設計デザイン
hausgras ハウスグラス
2013-09-14 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

お湯の沸く音

気に入っている音があります。

それは珈琲を淹れるための、お湯が沸く音。

琺瑯の小鍋に水をはり、カップの準備などをし、
お湯が沸くまでしばし静かに待っていると
カラカラとガーとの中間ほどの音が小鍋から鳴ってきます。
この音は「もう少しで沸く」と呼ばれたように思います。
その音が一瞬静まったと思えば、グラグラと大きな音と気泡をたててお湯が沸き出します。

静かなひとときに聞こえる音。



2013-09-12 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

キッチンの明かり

hausgras自邸での家づくり。
"導かれる階段”の次に欲しかったのは、キッチンの明かりです。

体験や記憶というものは家づくりにおいて大きく影響を受けますね。
私の場合は祖父母の昔ながらの農家の家がそのうちのひとつ。

祖父母の家では南側の玄関から土間続きで北側の奥に台所がありました。
台所の北側は全面窓。作業の手元が明るい台所でした。
玄関に立つと、土間と台所とを仕切きる細い格子の建具越しから漏れる、
台所の明るさへと向かいたくなります。

自邸の階段のように、
祖父母の台所もまた"導かれる”導線を持つ明かりがありました。

祖父母の家の台所のガラスは磨りガラスになっていて
障子のように明るさを呼んでいました。
磨りガラスの引き戸窓は上部だけグラデーション状に透明ガラスに変わっていました。
その透明ガラス越しに青空や白い雲が見えるのが好きでした。

20130911キッチン窓明かり-1
hausgras自邸、自然光の手元の明かり。
20130911キッチン窓明かり-2
そんな記憶をもたせた自邸キッチンから見える空。


北海道札幌市中央区円山の住宅設計
家と庭の設計デザイン
hausgras ハウスグラス
2013-09-11 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

シャワーヘッドのカルシウム除去

シャワーヘッドのお湯がカルシウム成分により詰まり
あちこちに向くようになりました。

我が家のシャワーヘッド部は入れ子式の構造です。それを分解してあります。
大さじ1のクエン酸と50ccの水でクエン酸水を作ってCa成分を軟らかくしていきます。
すごく軟らかくなるわけではありませんが、気休めほど。1時間くらい放置。
20130908シャワーヘッド
入れ子のプラスチックの溝についたCa成分を竹串の先で欠き取っていきます。
建設2008年1月から2度目のメンテナンスとなりました。


北海道札幌市中央区円山の住宅設計
家と庭の設計デザイン
hausgras ハウスグラス
2013-09-08 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

桃の香り

私の故郷、飛騨高山に住む知人から桃が届きました。

箱を開けた瞬間、周りが桃の香りで満たされました。
ほんのり甘く、すっきりと瑞々しく、ちょうどの食べごろ。
20130905江名子町桃
美味しくいただいています。有り難うございました。

こちらの桃は高山市江名子町の中坪果樹園 [ TEL/FAX:(O577)32-3931 ] より。

江名子町といえば思い出すのは江名子川。
江名子町から古い町並の中を流れ、宮川に
(春の高山祭りで写真に撮られる有名な赤い『中橋』が渡る大きな川)流れる小さな川です。
宮川と赤い橋と大きな桜も華やかですが、この江名子川に咲く桜と川の水面のきらめきも絶品。

この江名子川から北側、桜山八幡宮では
秋の高山祭りが開催(10月9日、10日)されます。

秋の高山祭りには1度しか観られず
からくり奉納も観た事がありませんが、
きりりとひんやりとした夜の空気の中、屋台の提灯の灯りがとても奇麗でした。

高山市観光情報


北海道札幌市中央区円山の住宅設計
家と庭の設計デザイン
hausgras ハウスグラス
2013-09-05 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

田舎パン

札幌は今日一日雨の予報。
朝一番、久しぶりに田舎パンを焼きました。

20130904パン-1

熱々。湯気でレンズが曇ります。
20130904パン-2

ほのかな甘みのある温かな田舎パンです。


北海道札幌市中央区円山の住宅設計
家と庭の設計デザイン
hausgras ハウスグラス
2013-09-04 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

巣づくり

家をつくるのは巣づくりなのだと想います。

巣づくり。
子供らが巣立てば
今度は自分たちの巣づくり。

どこかで見た、ヨシキリの巣のデッサンを思い浮かべていました。



北海道札幌市中央区円山の住宅設計
家と庭の設計デザイン
hausgras ハウスグラス
2013-09-01 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。